個別指導塾で学力アップしたいなら個別指導ナビ

私立大学志望者が個別指導を選ぶ理由大学ごとに、同じ大学でも学部によって入試問題の傾向や特色が違うのが私立大学です。志望校や志望学部の入試問題の傾向や特色を知ったうえで対策を取ることができれば合格率を大きくあげることが可能です。


合格率に大きく影響を与える各大学、各学部ごとの入試問題の傾向や特色を尽くしているのが予備校や受験専用の塾の講師たちです。よって大学受験を控える学生が予備校や塾へ通うのは志望校合格の夢を叶えるうえで最適な方法といえます。


予備校といえどもそれぞれ独自の学習プログラムを持ち、形式もさまざまです。数年前までは多人数制の形式が一般的でしたが、現在では講師と生徒との距離が近い少人数制や個別指導が人気があります。

特に以前と比べて授業料が押さえられた個別指導を選ぶ学生は多く、これまで多人数制の授業を行っていた大手予備校も個別指導を取り入れています。また、浪人生が不得意科目などを中心に個別指導を選んでいます。


個別指導では、まさに学生一人一人のオリジナルのカリキュラムを立てることが可能でスピーディな学力アップが望めます。入試問題が各大学、各学部ごとに特色や傾向が異なる私立大学を志望する学生が個別指導を選ぶ理由はここにあります。


しかし全教科を個別指導で受けると授業料も多くかかりますので、得意科目では映像授業や少人数制の授業を取り入れるなど調整しましょう。ただ、浪人すると予備校にかかる費用は1.5倍ほどになります。現役合格にこだわるなら個別指導の授業数をむやみに減らしすぎないようにしましょう。